ベラージオの温室植物園では、象徴的な意味と伝統にあふれたユニークなディスプレイで旧正月を祝い、黒水ウサギ年の到来を告げるためにお客様をご招待します。2023年1月9日から2023年3月4日まで、風水(調和、バランス、ポジティブな生命エネルギーを引き寄せるために周囲の環境を利用する技術)の古代の実践に導かれた静寂なサンクチュアリを展示しています。

この旧正月ディスプレイは、意味深い花の作品を重ねた4つのシーンが特徴です。それぞれのシーンは、新しい始まりを歓迎し、調和、幸運、悟り、繁栄のメッセージを伝える意味深い作品に彩られています。

コンサーバトリーの中心は、高さ32フィートのエレガントな彫刻が施された「水うさぎ年」のメダルがあるウェストベッドです。この作品は、自然が持つ男性性と女性性を表現しています。

ノースベッドの中心にある「6本のガジュマルの神殿」では、カーネーションと植物のアクセントで作られた5つの花のトピアリーの子供たちが、流れる水の中で遊び、商業、持続可能性、お祝い、悟りといった象徴的なメッセージを呼び起こしているのです。

金貨の山の上には、高さ3mの中国の富の神「カイシェン」の像がそびえ立っています。東側のベッドには2対のヒスイのお守りが飾られ、1年の明るさを表現しています。その下には、豊かさと新しい始まりを表す8匹の金色のウサギの家族がポーズをとっています。

南側のベッドでは、桜の木と鶴、そして植物性材料で作られたピンク色の太陰蛾が、回復力、変化、成功を象徴するように配置され、来場者は、微笑みながら玉兎の輝く月を見つめることができます。

タグ :