MOBILEWORK6.0Web対応広告サービス 地域と海外のオープンイノベーション

 

26歳で年商1350億ドルを稼いだアル・カポネが息子に宛てた親密な手紙

アル・カポネが息子に宛てた親密な手紙が、マサチューセッツ州で行われたオークションで62,500ドルで落札されました。この手紙はアルカトラズ刑務所で服役していた時に書かれたもので、カポネはその中で息子に「これからもそのまま頑張り続けて、何にもくじけないで」と励ましの言葉を贈っています。

オークションの主催者RR Auctionは、この手紙が約50,000ドルで落札されると予想していましたが、実際にはこの額を上回る価格がつき、落札者は匿名を希望するシカゴ地域のコレクター。2023年2月14日(火)ネバダ州のモブミュージアムMob Museumにて94年前の大虐殺以来、初めてギャングの銃撃事件で知られるすべての証拠が一堂に公開されると聞いたので撮影に行ってきました。ラスベガスのダウンタウンにあるモブミュージアム、マフィア博物館は、国立組織犯罪・法執行博物館としても知られ、アメリカの組織犯罪の歴史と、それに対抗する法執行機関の努力を年代順に紹介しています。


1933年に完成し、ネバダ州および全米歴史登録財に指定されている旧連邦裁判所は、1950年にアメリカの組織犯罪の摘発と規制を目的とした14の全国ケフォーバー公聴会のうちの1つが開かれた法廷そのものを収容しています。

アル・カポネがアルカトラズ刑務所から息子に書いた手紙

この3ページにわたる手紙は、アル・カポネの息子、アルバート "ソニー" カポネ宛てに書かれており、手紙の最後には「愛とキスを込めて、あなたの親愛なる父、アルフォンス・カポネ#85」と署名されています。この85は、カポネがサンフランシスコ湾のアルカトラズ島で服役していた際の番号でした。

専門家たちは、禁酒法時代のシカゴのギャングを支配した悪名高いモブスターが、実は普通のお父さんでやさしい心や息子や家族愛を持っていたことを示していると指摘しています。





本文
Well Son, here is your dear Dad, with a letter for you, and pray to God, it will find you, in perfect health…Junior keep up the way you are doing, and don’t let nothing get you down. When you get the blues, Sonny, put on one of the records with songs I wrote you about to Ma, to you, which I sure go to town playing them and about 500 more on my Mandola, I also have to transpose my music, from Piano Copy, as the Music people don’t print Music for the Mandola, So I…transpose to one key to another. Sonny I got a Song like Rainbow on the River, that was sung by Bobby Breen, in the Rainbow on the River picture, I sure hope you seen it as we saw it out here, now what I mean by transposing is the Song, Rainbow on the River, was in the Key of 3b, I have to transpose it down to 1b and Son of mine when I come home, I will play not only that song, but about 500 more, and all mostly Theme Songs from the best Shows. In other words Junior, there isn’t a Song written that I can’t play. You know my Mandola is got eight strings, and tuned exactly as the Tenor Banjo A-D-C-G. The only difference is the Mandola is played mostly for Solo work, but the Tenor Banjo plays Cords in the Orchestra, and I mean it too when I was playing in the band in here. First I learned a Tenor Guitar and then a Tenor Banjo, and now the Mandola, but for Solo work only. Well now Sonny…I am sure happy, to hear about you and your pals, had nice holidays at Miami and that you all had a good time, Well heart of mine, sure hope things come our way for next year, then I’ll be there in your arms, and maybe that sure will be a happy feeling for Maggie and You. Well Sonny keep up your chin, and don’t worry about your dear Dad, and when again you allowed a vacation, I want you and your dear Mother to come here together, as I sure would love to see you and Maggie…Now Son about me please do not worry, as when you see me again, you sure will be surprised, in fact Junior I am 7 1/2 pounds under 200 Ha Ha, and in good shape, my routine here is Morning Yard, I mean the amusement Yard, Baseball, Horseshoes Courts, and Hand-ball courts, Checkers and Dominoes, I and a friend of mine keep all items in perfect shape, and work all morning, and afternoons yard if its sunny otherwise I play my music, until 3 P.M., and from 3 P.M. I write songs…Tell Mother to order for you a Monthly Magazine I get here, Called ‘Fortune’…as to my estimation I think it is the most sensible Magazine written. Well Son, there isn’t much I can write, but chin up, always, and at any time, there is something you need or want, please don’t forget Son, that whatever you ask for, it will be done irregardless…I know Maggie gets out to your College suite often, as that sure breaks up the old Blues, and when you see her again give her a couple dozen kisses Capone style and a first class hug…God bless you my dear Son, and it’s short time Son, I will be with you in less than a year.

まあ、息子よ。こちらはお父さんだ。手紙を届けるために来たんだ。天に祈って、健康で元気に過ごしているところに届くことを願っている。ジュニア、その調子で頑張ってくれ。何があっても落ち込まないで。憂鬱な気分になったら、お母さんやあなたのために書いた歌のレコードをかけて聴くんだ。お父さんはそれらを弾いて、それに加えてマンドラ(Mandola)で約500曲以上のテーマソングを弾いている。ピアノ楽譜から曲を転調する必要がある。マンドラ用の楽譜はないからだ。転調するのは大変な作業だが、ジュニア、お父さんは弾けない曲はないんだ。マンドラには8本の弦があって、テナーバンジョー(Tenor Banjo)と同じチューニング(A-D-C-G)を使うんだ。唯一の違いは、マンドラはソロ演奏に適しているが、テナーバンジョーはオーケストラでコードを弾くことができる点だ。お父さんはここでバンドで演奏していたときにテナーギターとテナーバンジョーを習った。今はマンドラを習っているが、ソロ演奏専門だ。さて、息子よ。あなたと友達たちがマイアミで楽しい休暇を過ごしたことを聞いて、お父さんはとても嬉しいよ。来年こそは、あなたの腕の中にいることができるといいんだが、それが実現すればマギーもあなたも幸せな気分になれるだろう。息子よ、お父さんが心配ならいらないよ。また会えるときには、きっと驚くような姿になっている


タグ :

コメント

コメントの投稿

秘密